自分の体を知るということの大切さ

我慢に我慢を重ねて、心が折れそうになって、それでもダイエットを頑張っても、自分の体に合う痩身方法でなければ、目指す体重になることは難しいことがわかると思います。リバウンド予防効果もあるダイエットをするには、ホルモンバランスに注意をして、体にいいい食事を心がけることが大事です。食事量を減らしてダイエットをするという方法もありますが、減量効果は一過性のものにすぎず、すぐにリバウンドしてしまう痩せ方です。リバウンドが起きるのは、誤った痩身方法で体重を減らした結果、筋肉が衰えてしまい、代謝の低い体になってしまうことです。痩身のために肉や魚を食べない方法で痩せようとすると、たんぱく質が足りなくなって、筋肉が分解されてしまうのです。筋肉を鍛えるトレーニングを続けることで、ダイエット中でも筋肉を減らさずに済みます。長時間の筋トレをしなくても、痩身のためなら1日に数分程度の運動で事足ります。自宅でできる簡単なトレーニングを習慣づけましょう。ダイエットには有酸素運動がいいと言われていますが、筋肉を鍛えるためには無酸素運動をして、筋肉に適度な負荷をかける必要があります。筋トレをして、体にちょうどよく筋肉がついている時の有酸素運動は、ダイエットには有効です。全身のホルモンの働きが活発であることも、ダイエットをスムーズに行うためには大事です。ホルモンの分泌が停滞していると脂肪が燃えづらくなります。ホルモンバランスを整える方法は、質の高い睡眠時間を取ることと、リラックスして自律神経を整えること等があります。お通じをよくして、腸が盛んに活動できるようにすることで、体内に老廃物や水分が留まることなく、体外へと出ていくサイクルが確立できます。

SNSでもご購読できます。