お祝いの祝辞と贈り物を考えてみた

美しくそして力強く魅せてくれる胡蝶蘭は開店や開業祝いのギフトとして古くから親しまれていますが、金額についてもピンきりになっていて品質が高いものであれば10万円近いものもあります。

一般的なお付き合いがあった人に対して胡蝶蘭をギフトで贈る場合については高くても3万程度までが相場になっていますが、せっかく高いお金を出してお祝いを贈ってもマナーに抵触することがあるので気をつける必要もあります。

特に注意しないといけないのがギフトに赤色を使用しないことで、花の色だけでなく飾り具などもすべてですが、これは赤色に火を連想させるイメージがあるからです。

なぜ、火をイメージしたらいけないのかという理由についてはこれから開業や開店して事業を始める中で火事を連想してしまうからだと言われていますが、このマナーを知らないで派手だから良いと言う理由で赤色をたくさん使ってしまう人も少なくありません。

もちろん相手がこのマナーについて知っていなければ問題ないのかもしれませんが、それでも大人になってギフトを贈る場合は最低限のマナーは知った上で贈ることが今後のことを考えても大切です。

もし、胡蝶蘭をギフトとして贈る場合にマナーの面で心配がある場合は購入するお花屋さんに相談してみるのもおすすめです。

特に専門店であればさまざまな用途で購入する人がいるためスタッフの人も丁寧に詳細に答えてくれる場合が多く後から恥をかいてしまうことを防ぐことができます。スタンド花

SNSでもご購読できます。